遠い空の下


       遠い空の下にいるけど、見上げればそれは同じ空。
       だけどそれぞれの目には違う景色に見える不思議。

       

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さなお友達(富士編その1)

y716

迷うわけがない。
そんな山に行って来ましたw

ハイ、富士山ですw
富士山に行くのは実は3回目です^^
今年でしょ~、
去年でしょ~、
それと、、小学生の時w
5年生くらいだったのかな?
今日はそんなお話を。

小学生の頃のワタシは、、内気でしたw
そんなこと前に書きましたよねw
お母さんはね、ワタシの友達からは「放送塔」って呼ばれてましたwww
それくらい元気でおしゃべりw

そんな母から見たワタシは随分はがゆかったのか、結構色々させられましたw
お父さんはあんまり喋らない人だけど、お母さんの肝をピッっと捕まえてる感じw
兄は、、、、、ん~。。。。暴れん坊?w

さて、そんな家族がなんで富士山に登るなんてこと考えたかというと、、、
お母さんですw

母:「ね、富士山登ってみない?」
兄:「めんどくせー」
父:「フ…」お酒をグビリ
ピラ:「…」TV見ながら聞こえないフリ
母:「登ろう!ね、登る。決定~もうあんたも親と旅行とかイヤでしょ?今のうちだし、富士山っていったら日本一よ~」
兄:「日本一。。。。イクカ!」
母:「ヨシ!お父さん、いくって!ね、今度の夏休み行くわよね!」
父:「フッ」お酒をグビリ
ピラ:「えええええええ」
母:「ハイハイ決定~♪」

ということがありまして、富士山登山となりましたw
うろ覚えの部分もありますけど、大体こんな感じですw

その登山の内容といったらもう。。。。なんて書いたらいーのかw
結局ノリノリで押せ押せだったのは母と兄w
登ってる最中も2人で押せ押せですwww
もう二人はというと。。。
揃って
ゼィゼィハァハァw
お父さんも登山得意ってヒトぢゃなかったみたいw
それでも段々ワタシが一人で置いてかれ始めて。。。
お父さんはもう自分に必死だから途中からイライラ感満載のお母さんがワタシの付き添いw

母:「行っちゃうわよっ!」
ピラ:「ああん、まって~:;」
母:「まっすぐだからちゃんと来なさいよ!」
と、いう言葉を残してタッタカ登っていってしまう。
ワタシにしてみればちょとカオスな山行でしたw

ただでさえ普段あまりない山道というシチュエーション。
そして当人はヒトの優しさに触れることができないくらいの人見知りw
そんなカオスな環境を過した1日の感想はといえばやっぱり、、アレ

食事ですねwww
お母さんにオニギリをもらって食べても足りなくて、なんか汁飲みたいな~って思って周りを見たら、、、
サッポロラーメン(塩味)3000円もしたんだよー!
たしかねwうろ覚えだけどとにかくちょー高いwww
母:「ん?ナニナニ?ラーメン?いいわよ?一緒に食べよか^^」
ピラ:「だって、、、なんか。。。」
母:「いいのよ、ラーメン1つください^^」
あの値段を見てなんとも思わなかったのかしら?w
でも今になって思えば山登りに慣れてたお母さんだからかもしれませんw
山小屋にあるものは全て異常に高いんです。
運搬費がかかるからなんでしょうね^^

さて、問題は2日目の下りです。
案の定ワタシが一人で遅れる感じになるんですけど、
実は富士山には登山口が4つあるんです。
そのうちの2つが下山路、途中まで同じ道なんですよね~

ん?想像できてきた?w
そうw
置いていかれて必死の私は目の前の道を一目散に下るんです。
違う道の方へ。。。

それでもしばらくしたら真っ赤に怒った母が駆け下りてきましたw
ピラ:「ぉ~、一生懸命やるっていいことね。お母さんの事いつのまにか抜いてた( ´艸`)ムギ」
母:「バカー!そっちぢゃないでしょ!!違う道行ってるわよ!!」
ピラ:「えええええええええええええええええええええ」

母:「さ、登るわよ!」

ちょーカオスwww
一度下った道をまた登るって結構神経にズシリと来ますw
なんて笑いながらこの記事書いてますが、
あの時は本気で泣きながら登ってましたw
合流しても、母はプンプンしてるし、父と兄は笑ってるし、ワタシは泣いてるしw

でもね~、
ワタシ今でも思います。
一番遅いヒトのペースにあわせなさい!w
ワタシかわいそうぢゃない(*・д・)(・д・*)ネー
と、いう過去がありました。。。

ごめんなさい、これ実は全部前フリなんですw
記事書くの下手でゴメンネゴメンネゴメンネゴメンネゴメンn

今回は知り合いの方と2人でいきました^^
また次回以降に詳細は書きたいと思いますが、ワタシ高山病になりやすいんですw
なのでワタシに合わせていただきながらゆっくり登ってたんですけど、、、
ふと、前を見たら、、、、
お母さんぽいヒト:「早く来なさいよ~、おいてくよ~?」
子供ぽい女の子:「まってよ~、疲れたよ~:;」
お父さんぽいヒト:「ははは、ここで疲れたとか言ってたらもう登れないぞw」
お父さんぽいヒト:「先行って待ってるぞ」
お母さんぽいヒト:「先行って待ってるよ」

なんか、、デジャヴw
先の前フリが詳しかったのはそのせいw
全てを思い出しましたw

  :「アレ、もう休むの?大丈夫?」
ピラ:「ぅん^^」
  :「大丈夫なら行くぞwww」
ピラ:「ああん大丈夫ぢゃないけど大丈夫って事でw」

なんてごまかしながら、女の子と一緒のペースで登ってましたw
次第にガンバレガンバレって声かけてたら、
女の子:「ニコ」
ピラ :「疲れるよね~、大変だよね~、でもがんばろ^^」
女の子:「ぅん!」
途中からは3人でお話しながらw
で、ふと上を見るとお母さんぽいヒトが見てます。

ぁ、イッチャッタ。。。。
子供心にそゆうのってよくないと思いますっ!
でも上の方で二人揃ってワタシ達を待ってましたw
ピラ:「すみません、ワタシのペースに付き合ってもらってしまって^^」
両親ぽいヒト達:「イイエ、さ、いこか」

ちょと冷たかったけど、、
ワタシに対してだったからいーよねっ
あの女の子にとって富士山の思い出がイヤな思い出になりませんようにw

*Comment

NoTitle 

富士山とか登ったら私は死ぬと思う。
ていうか富士山じゃなくても、登山すると死ぬと思う!
  • posted by tun 
  • URL 
  • 2009.09/28 17:56分 
  • [Edit]

NoTitle 

かわいい子には旅をさせろ

ってのもありますが

いくら整備された富士山といえども、
1歩間違えればいろいろと危険があるから、
できれば誰か一緒に登ったほうがいいね~

そいう意味ではピラちゃんはエライ!
きっと子ピラちゃん(勝手に命名)も
楽しい思い出になったんじゃないかな?

P,S,
私が登ったときは・・・山頂のどんべえが700円だった気がする・・・
でも、温かくて妙に美味しかった覚えがw
  • posted by 殺陣 
  • URL 
  • 2009.09/28 19:44分 
  • [Edit]

NoTitle 

私は足踏み入れた直後挫折だと思う!


あ、でもとある山登ってきたよ♪
標高なんと3400・・・くらい?


ふふ










電車で
  • posted by ブケ 
  • URL 
  • 2009.10/02 05:19分 
  • [Edit]

NoTitle 

電車が3400mまで行ってるの?!

すごいね~w

海外でそ?

いーよね~^^
  • posted by ピラ 
  • URL 
  • 2009.10/03 22:05分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://daikoukaijidaipira.blog45.fc2.com/tb.php/205-b7124c62

左サイドメニュー

アクセスカウンター

このブログに来て頂いた方は累計で

名様です。ありがと~^^ノ

ブログランキング

ちょっと気になったらぽちPlzw

プロフィール

ピラ

Author:ピラ
皆さんお元気ですか?
日々の活力源って、頭を働かせる事にあるような気がします。

例えそれがくだらなーい事でもw

ここはそんなくだらなーいお話の場

年月別アーカイブ

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

最近は(↓マウス置くと停止)

 暑い熱い厚い!
暑いよー
久々に自分の含め皆さんのブログを読み漁りました。
みんな元気かなー、ビデオ記事でぱったり更新止まってる人もいるよね(棒読み
き、禁断症状
(そろそろうずうずしてきた。。。)

最近の記事+コメント

リンク頂いたサイト様

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。